この企画は、新型コロナの影響でなかなか練習できない現役部員、また久我山高校サッカー部への入部を希望する方々に向けて、卒業後も各方面で活躍されているOBの方からのメッセージをお届けするものです。

第13弾!!

セレッソ大阪 サッカー選手 山内寛史さん(平成25年度卒)
—–
サッカー歴は、
金子FC、小学校
AZ86tokyoome、中学校
國學院久我山高校
早稲田大学ア式蹴球部
セレッソ大阪2017-18
町田ゼルビア2019
セレッソ大阪2020です。

久我山では、スポーツクラスの5組で3年間過ごしました。
今の自分があるのは、久我山での3年間があったからだと思っています。
サッカーと勉強、その両方の厳しさ、難しさ、そして楽しさを学ばせてもらいました。

現役生、新入生においては、現在の様々な規制によって、貴重な青春の時間を思う存分には楽しめていないかもしれません。
でも、久我山生ならきっと、今すべきことをしっかりと考えて、日常が戻った時のための行動ができていると思います。
自分もプロサッカー選手として、今なにができるのか考えながら日々過ごしています。
今は我慢の時期ですが、一緒に頑張りましょう。
—–

メッセージをお寄せいただきありがとうございました!