Football- soccer fans cheer their team and celebrate goal in full stadium with open air with bright lighting beam -blurred.

欧州主要リーグは2019-20シーズンの開幕直前となりました。今回は、開幕直前に賑わいを見せる移籍関連のニュースをピックアップしてみました!

Arsenal have agreed a deal to sell defender Laurent Koscielny to Ligue 1 side Bordeaux for a fee of up to 5m euros (£4.6m).

アーセナルは元フランス代表CBローラン・コシエルニーをフランス1部リーグのボルドーに売却することでクラブ間合意した。移籍金は最大500万ユーロになるという。

The 33-year-old centre-back is having a medical on Tuesday before completing a return to France after nine years with the Premier League club.

コシエルニーは火曜日にメディカルチェックを受ける予定。それが終れば、9年間過ごしたアーセナルを退団することになる。

Frenchman Koscielny had a year left on his contract at Emirates Stadium and the Gunners wanted him to stay. But he asked for a free transfer and refused to travel on a pre-season tour.

アーセナルファンは契約年数が残り1年となっていたコシエルニーの残留を望んでいた。しかしコシエルニーは移籍を望み、プレシーズンツアーへの帯同を拒否した。

Former France international Koscielny rejected a new contract that he felt undervalued his contribution and continued ability.

しかしコシエルニーはクラブの新契約を拒否した。理由は、彼自身のこれまでのクラブへの貢献度と現在のプレーレベルが過小評価されていると感じたことにある。

Arsenal began disciplinary proceedings and instructed the captain to train with the under-23s, but offered him a way back into the first-team squad for the new season.

アーセナルは懲戒処分としてコシエルニーにセカンドチームでのプレーを命じた。同時にトップチームへの復帰のための新たな提案も行なった。

However, Koscielny had no intention of reversing his decision and was determined to secure a move to his home country.

コシエルニーには新契約拒否の決定を退ける意思はなく、母国フランスへの移籍を決心した。

As well as the medical, personal terms with Bordeaux still need to be finalised.

この移籍完了のためには、メディカルチェックの他にボルドーとコシエルニー本人の合意が必要となる。