三津田 将大【日本体育大学 2019卒】

Masahiro mitsuda

三津田 将大(24)

FC深谷→柏日体高校→日本体育大学→Murray united→FC Doveton→Southa United

日本体育大学卒業後、単身ドイツにわたりサッカー選手として挑戦することを決意。その後活動の拠点をオーストラリアに移し、現在3部相当のSoutha Unitedでプレーしている。

大学卒業後、すぐに数少ない伝手を頼りに海外挑戦した理由とは。

今後の人生の展望は。

三津田将大の人生に迫る。

サッカーにのめりこんだ中学、高校時代。

小学生の時はサッカーだけではなく、水泳、野球など様々なスポーツに触れた。

水泳ではジュニアオリンピックに出場するほどだったが、中学では本格的にサッカーに専念することに。

セレクションを受け合格したFC深谷は、J2大宮アルディージャの系列チーム。

天然芝での練習や元プロ選手の指導を受けられるため、プロを目指すうえで素晴らしい環境だった。

そこで着実に力をつけた彼は、次のステップである高校サッカーを目指す。

中学校のコーチのつながりや自身のプレーが評価されたこともあり、学校説明を受けたうえで柏日体高校に入学。

日体大系列ということもあり、ここでもサッカーに集中できる環境でプレーすることができた。

さらにJ1柏レイソルと提携しており、柏ユースの選手たちと学校生活を送ることになった。同世代のトップレベルの選手たちから戦術や技術面のことはもちろん、ピッチ外での意識の高さ、サッカーに対する姿勢に刺激を受けた。

また、クラスでも体育会系の生徒が多く、「学校に行きたくて仕方なかった」ほど高校生活を楽しむことができた。

大学生活

日体柏高校から内部進学という形で日体大へ進学。

寮生の仲間たちやサッカー部の選手たちに囲まれ、充実した生活を送った。

また、日本を代表する体育大学ということもあり、授業内容がそのまま選手として有益な知識になること、他競技の日本トップレベルのアスリートたちがたくさんいて刺激を受けた。

進路選択の時期になり、教員免許を生かし学校の先生になるのか。

サッカーの指導者になるのか。

合同説明会にも行ったが「こんなデスクワーク、俺にはできない」と感じる。

自分のやりたいことがわからず、将来について頭を悩ませる日々が続く。

そんな中、サッカー部の先輩にドイツの話を聞き、彼の中で海外挑戦の熱が高まった。

若いうちに、自分が本当にやりたい挑戦がしたい。一足先に社会にでた先輩や知り合いに会い話を聞き、そう感じた彼はドイツへの挑戦を決意する。

 サッカー選手としてドイツに挑戦。そして挫折。

卒業後は先輩の伝手を頼りに単身ドイツ挑戦。

しかしサイン直前でけがをしてしまい、契約できず。

そこからはサッカーから距離を置き、現地の大学院に進学することも考えたが、

「本当に自分がやりたいことなのか」

「海外にサッカー選手として挑戦しに来たのに、ぶれてはいないか」

自問自答の末、様々な事情も重なり帰国を決意した。

 次なる挑戦、オーストラリアへ

帰国後、高校時代からの友人がいたこともあり、オーストラリアへ。

「サッカー選手としてお金をもらい生活すること」「英語習得」

この二つを実現させるために、vic州に向かった。

結果、NPL2(3部)のチームと契約を交わすが、シーズン前に人数の規定を満たせずチームが”消滅”。チームから提供された家からも出ることになり、再びトライアウトの日々が始まった。

その後、3部のチームと再び契約を勝ち取るもコロナの影響でリーグが中止。

それでも活動拠点をQLD州に移し、Farmでの仕事をしながら生計を立てながら、トライアウトを受け続け、ついに3部のクラブとサイン。

かねてからの目標を達成した。

 今後の展望 引退後のキャリアについて

保健体育の教員免許を大学在学中に取得したこともあり、教育業界でのキャリアを見据えている。

なかでも、大学時のアルバイト経験もあり、一番興味があるのがサッカー指導者だ。

そのために今は英語を学ぶことで、

・指導者としてのコネクションを現地で作る

・海外サッカーの現場に触れ、指導者としての視野を広げる

ために、オーストラリアでできる行動をしている。

英語を使い世界中の人とコミュニケーションが取れれば、何をするにも可能性が広がる。

どの業界に進むにも、英語を使い仕事をしてみたいと思っている。

後輩へのアドバイス。~自ら動く大切さ~。

ここまでの人生を通して、自ら動くことの大切さを感じてきた

大学4年生の時進路に迷っていた時も、海外でチーム探しに奔走した時も、自ら進んで情報を集め、SNSで話を聞いてみたい人にコンタクトを取ったりすることで、いままで見えなかった世界を知ることができた。

そこで得た知識から自らの頭で考え、行動していくことで次のステップに進んでいった。

夢や目標に対する熱意があれば、人は自然と集まり、必ず助けてくれるということを学んだ。



▶︎ 当該選手への追加質問はこちらから
▶︎ 大学サッカーファンページ(TOPへ戻る)


spot_img
spot_img
spot_img
spot_img