三田 光(サッカー指導者)

この企画は、新型コロナの影響でなかなか練習できない現役部員、また久我山高校サッカー部への入部を希望する方々に向けて、卒業後も各方面で活躍されているOBの方からのメッセージをお届けするものです。

第10弾!!

三田光さん(51期 2000年3月卒業)
2000-01:FC東京
2002-07:アルビレックス新潟(2005:ベガルタ仙台 レンタル移籍)
2008:湘南ベルマーレ
2009-10:徳島ヴォルティス
2011-12:FC岐阜
U-21.U-22日本代表
現在 ファジアーノ岡山U-18コーチ

—–
皆さま、初めまして。
現在、J2ファジアーノ岡山U-18コーチをやっています三田光です。
小学校中学校と読売クラブ(現:東京ヴェルディ)でプレーし、
高校では3年時に関東大会と第78回全国高校サッカー選手権に出場しました。
高校からFC東京に入団し13年間の現役生活から31歳で引退し、指導者になり8年目となります。
夢を叶える、夢を諦め何かしらの職業に就くにしても必ず見られるところは【人間性】だと私は思います。
久我山ではサッカーももちろんですが、その人間性をサッカー以前に李さんを始め時崎先生や担任の先生に
1人の社会人としてご指導頂いたことが今でも私の財産になり生きる活力になっています。

現在、本当に大変な状況ではありますが、現役の皆さんには今出来る事を取り組み少しでも前に進んで欲しいです。
そして日常が戻った時には、全国の久我山ファンに美しい久我山サッカーを見せて欲しいと思います。
フットボーラーとして一緒に頑張りましょう!

またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。
—–

応援メッセージをお寄せいただき、ありがとうございました。