松本 健太 【柏レイソルY 2016卒】

・レイソル時代に感じたこと(中学〜高校の6年間を通して何を感じたか)


アカデミーとトップチームが同じ施設内で活動しているため、常にプロを身近に感じることができ、自分の目指すべき場所が明確に見える環境が整っているなと感じた。
今になって思うのは、技術・戦術的な部分を徹底してやることによっていろんなチームの戦術に適応することができるなと感じている。

・東洋大学に入った経緯・学んだこと
(なぜ東洋を選んだのか、4年間を通して感じたことなど)


チームのスタイルが自分に1番合っていると思ったことと、GKコーチがいることやGK練習の質が高く、成長できると感じて東洋を選んだ。
高校生までと比べて自分の時間がより多く確保できるため、自分の時間の使い方の重要性を強く感じた。プロになるために何をしなくちゃいけないのかだけでなく、様々な経験や学習に自己投資することが大事かなと思う。

・東洋大学を経て、再びレイソルに戻れた時の心境
(ユースからトップに上がれなかった悔しさがある中で、どんな気持ちを抱いてレイソルに戻ることを決めたのかなど)


トップ昇格ができないと伝えられ、大学に入ってからは常に反骨心をもって取り組んできたが、レイソルからオファーをもらい、やっぱり”日立台で活躍したい”、”お世話になったクラブに恩返しがしたい”と思い、GKの競争率が高いけどレイソルに戻ることを決断した。

・現在は大宮アルディージャに所属している中で、なぜ慣れ親しんだレイソルという環境から、違う世界に足を踏み入れようと思ったのか
(アルディージャに移籍を決めた理由や、アルディージャに入って感じたことなど)


今の自分ではレイソルで試合に絡むことが難しいなと感じていたところで、大宮から声をかけてもらった。大宮の怪我人の状況なども踏まえ、自分の選手としての価値を高めるためにもレイソルより試合に出れる可能性が高い大宮に行くことを決断した。
選手のレベルはすごく高いが、最後の際の部分ではJ1のチームと少し差があるのかなと感じている。環境面では、トレーニングやそれ以外の面でもJ2にいるチームとは思えないほどの環境が整っているなと感じた。

・これまでのサッカー人生を振り返って、「もっとこうしておけばよかった」というような後悔があれば!


プロとアマチュアで自分のために割ける時間・お金の差はかなりあるけど、アマチュアの時からもっと自分のためにできることがあったのではないか、と後悔はしてないけど反省はしています。笑
ただ、プロに入って早い段階で気づくことができたので、これからの自分がすごく楽しみです!



▶︎ 当該選手への追加質問はこちらから
▶︎ Jユースファンページ(TOPへ戻る)




▶︎ 当該選手への追加質問はこちらから
▶︎ 大学サッカーファンページ(TOPへ戻る)


spot_img
spot_img
spot_img
spot_img